八女市の小児科専門医なら冨田医院へ

小児科(小児科専門医,日本小児科学会認定) 0943-42-0173
〒834-1217 福岡県八女市黒木町黒木87-1

診療案内

病児保育室こどもケアハウスのびのび
八女総合療育館
児童発達支援事業にこにこ
放課後等デイサービス事業こんぱす
生活介護事業ROCCO
冨田医院Dr.からの一言

診療方針

冨田医院では、小児科専門医として小児科・内科を診療しています。
地域に密着し、子供たちが一日一日と成長を遂げられるように、診療・健診・予防接種・相談など、
冨田医院としての様々な役割を果たし、地域貢献・社会貢献に努めて参ります。

小児科

症状

  • インフルエンザ
    大流行が到来する前の11月頃に予防ワクチンを接種するのがお勧めですが、
    一般的に3~4週間の間隔をおいて2回行います。
    受けていれば完全に予防できるわけではありませんが、インフルエンザにかかってしまったとしても重症にならずに済むことが多いです。
  • おたふく風邪
    1歳を過ぎた小児であれば接種が可能で、1回で済みます、任意です。
    しかし予防接種を受けていても約1割の小児がかかってしまうと言われています。
  • 水ぼうそう
    1歳を過ぎた小児であれば接種が可能ですが、かかりやすい1歳から3歳までに受けておくことをお勧めします。
    接種は1回で済み、任意です。

予防接種

  • BCG
    結核の予防接種です。生後6月未満(地理的条件、交通事情、災害の発生その他特別の事情によりやむを得ないと認められる場合においては、1歳未満)に1回行います。
  • DTP
    ジフテリア、百日咳、破傷風の予防接種で、三種混合と呼ばれています。生後3ヶ月後以降から受けることが可能になりますが、3~8週間隔で合計3回の接種が必要です。
  • 日本脳炎の予防接種
    3歳~15歳までの間に行いますが、初回の接種から1~2週間後と1年後に追加で接種する必要があります。ワクチンの効果があまり長続きしないため、5~6年に1回の間隔で追加接種することをお勧めします。
  • 麻疹・風疹の予防接種(MRワクチン)
    1歳の時と小学校入学前の間に1回接種します。風疹の予防接種は、麻疹接種の後に行うことが望ましいです。
TOPへ戻る